Change One Word to Make a Better Impression

Change One Word to Make a Better Impression

年末年始は何かと人に会いますよね。

The end of the year is the season for meeting and greeting.

そうなると普段はあまり気にしない外見とかを少しでも見栄えよく整えたいな〜って気分になります。

そんなわけで久しぶりにヘアサロンに行ってきました。

As I work online, I don’t have direct physical contact with customers very often, so when I visit my hometown during the holiday season, I have many opportunties — and time aplenty — to get away from my husband and to see friends I haven’t met in a while. With the season rapidly approaching, I thought I deserved a little confidence boost. Therefore, I treated myself to a rare trip to the hair salon.

 

 

これは日本自慢ですが、日本のヘアサロンの気遣いに関するクオリティとコスパは世界一だと確信しています(*`へ´*)

まずカットの前に髪を洗う時に、顔のうえに小さいコットンの布を乗せてくれます。顔に水がかからないための配慮ですね。

そして何より着目すべきは、日本に住む外国人の多くが驚くといわれている「髪を洗っている間に投げかけられる思いもよらぬほど優しい質問の数々」。

Maybe this will come off as boasting, but I truly believe that hair salons here in Japan are the best in the world for quality and cost-performance, especially when it comes to thoughtfulness. First, when you have your hair washed before your hair cut, a small piece of cotton is placed over your face. Why, you ask? This is done as a consideration to keep water from splashing you.

 

・お湯加減は大丈夫ですか?
・首は痛くないですか?
・かゆいところはございませんか?
・洗い足りないところはございませんか?
・流し足りないところはございませんか?
・ホットタオルは熱すぎませんか?

・Is the water temperature okay?
・Does this hurt your neck?
・Is there anywhere itchy?
・Is there anywhere I haven’t washed well enough?
・Is there anywhere I haven’t rinsed well enough?
・Is the hot towel too hot?

 

ほぼ全てのヘアサロンでは、洗髪時にこのような言葉をかけてくれます。

素晴らしいですね。

私は日本のヘアサロンに通い慣れた日本人ですが、サロンに行くと毎回その細やかな気配りに感動いたします。

Almost every hair salon will make sure these things are said to you while you’re getting your hair washed. Don’t you find that amazing? As a Japanese person, I’m accustomed to this kind of treatment, but nonetheless every time I go to the salon, I find myself moved by the attention to small details.

 

それはまさにシャンプー台で「ホットタオルは熱過ぎませんか?」の問いに私が小さい声で「はい、大丈夫でーす」と答えた時のこと。

During this trip to the salon, I was at the shampoo sink, when I was asked, “Is the hot towel too hot”? and I responded with, “It’s just fine, thank you.”

 

例の小さいコットンのタオルで視界が遮られているので顔は見えませんでしたが、隣に座ったらしきシャンプー前のおばちゃんの大きな鋭い声が聞こえてきました。

The small cotton towel obstructed my view, so I couldn’t see her face — but I heard an older woman sitting at the sink next to me shout in a shrill voice,

 

「お湯ぬるめにしてよっ!」

“And make sure the water isn’t too hot!”

 

その言葉を聞いたときに、私はほんの少しの違和感を覚えました。

I remember feeling a little uneasy when I heard that.

 

言葉自体は何も印象的なものではなかったのですが、おばちゃんの「これからシャンプーしてもらうお客としての姿勢」みたいなものへの違和感だったかもしれません。

シャンプーを担当していたのは、入ったばかりのアシスタントらしき控えめの女性でした。彼女はのっけからのおばちゃんの突き刺すような一言に一瞬ひるんだようでしたが、どぎまぎしながらもお客様の要望に忠実に答えようと努力しているようでした。

「私やったらもう少しやんわりお願いするけどなー。」と、小さなコットンタオルのしたで目を瞑ってぼんやり考えていました。
例えばおばちゃんが「お湯はぬるめにしてくれる?」と笑顔で穏やかに自分の希望を伝えていたら、アシスタントの彼女の1日は、ほんの少し穏やかなものになったんじゃないでしょうか。

My unease wasn’t necessarily caused by the words themselves, but maybe it was a result of the condescending attitude of the older woman towards the employee who was about to wash her hair. The person who was in charge of washing her hair was a quiet, well-mannered young woman who sounded like an assistant. It seemed like she flinched at the woman’s cutting words, and although a bit rattled she did her best to honor the requests of the customer.

 


もちろん、若い彼女にとっては毎日が修行です。
今は、お客様のどんな言葉や要望にも対応できるスキルを学んでいる最中だと思います。

Of course, to the young woman, this is training. She is learning the skills necessary to respond properly to any comment or request from customers.

 

しかし、日本語には相手を思いやる素晴らしい文化と、尊敬の意を表す言葉がたくさんあります。
せっかく素晴らしい言語を母国語として話すことのできる私たち一人一人が、関わる全ての人々を気遣う気持ちを忘れず生きていきたいな、とおばちゃんは今日私に大切なことを思い出させてくれたのでした。

But, in the Japanese language — and indeed, Japanese culture — there are many words and ways we can express respect and consideration for other people. Since we have this beautiful language as our native language, we should attempt to think about the feelings of others and treat all of those we meet with the esteem they deserve. I want to thank the older woman for reminding me of this very important fact.

Impressionカテゴリの最新記事