Why do restaurant employees in Japan speak only to Japanese people?

Why do restaurant employees in Japan speak only to Japanese people?

私たち夫婦は、日々の暮らしの中で「食べること」をとても大切にしています。

Food is one of the things we as husband and wife hold most dear in our daily life.

 

今日の私たちの体を作っているものは、これまで食べてきたもの。

As the saying goes, “You are what you eat.”

 

質の良い食事は人生においてもっとも重要な要素のひとつだと考えています。

Eating high-quality food is one of the most important elements of leading a high-quality life.

 

 

普段は質素な生活をしている私たちですが、唯一の贅沢は外食をすること。

素敵なお店を見つけては、月に1度外食することを楽しみに生きています。

While our daily life is rather unglamorous, the one luxury we allow ourselves is eating out. Finding a cute restaurant and eating there once a month is more than enough to keep us happy.

 

そんな中、何度となく通っているレストランであれば全く気になることはないのですが、初めて行く場所でまず気になることがあります。

それはお店のスタッフさんの主人への対応。

注文をとってくれるときに、日本人である私の顔だけ見て話しかけるか、明らかに外国人である主人にも面と向かって注文を聴いてくれるかで、そのお店の印象はずいぶん変わります。

For restaurants that we have been to plenty of times, there’s no need to worry — but for places we are visiting for the first time, there’s something we can’t avoid thinking about.

That is to say, the restaurant staff’s response toward my husband.

When an employee comes to take our respective orders, whether that person looks and talks only to me (Japanese), or faces my clearly foreign husband and listens while he orders — this greatly impacts our impression of that restaurant.

 

「ご注文を繰り返します。○○○が1点、○○○が1点、○○○が1点、○○○が1点。以上でよろしいですか?」

と聞いてくださる時、主人の方にも視線を遣ってくれるような店員さんがいるお店だと、なんだかほっとします。

“Please allow me to repeat your order. One of this, one of that, one of those things, and one of these. Will that be all?” If the employee says these lines while occasionally glancing in my husband’s direction, we each heave a sigh of relief.

 

というのも主人とこれまで行った多くのレストランでは、店員さんは「明らかに日本人ではない主人」ではなく、「明らかに日本人に見える私」に向かってのみお話ししてくれて、その度に主人はちょっぴり残念な気持ちになっているからです。

What I’m getting at is that for many restaurants in Japan which my husband and I visit (just the two of us), the employee will speak only to me (clearly resemble Japanese) and not to my husband (clearly not Japanese). This interaction always dampens my husband’s mood.

 

でもそれは単に、「もしも相手が英語で返してきて、自分も英語で返さないといけなくなったらどうしよう?」という英語を話すことに慣れていない日本人の自信の無さと、「英語がわからないことで無駄に恥ずかしい思いをしたくない」という日本人の自然な自己防衛であって、別にあなたのことを見下しているとかそういうわけではありません。

But most likely it’s nothing more than a Japanese person’s lack of confidence in speaking English (“What if they say something back to me in English and I don’t know know to respond? What should I do?), or the employee naturally protecting themselves (“Well since I don’t understand English, why would I needlessly do something embarassing?”). If this happens to you as a foreigner, it doesn’t necessarily mean the employee is looking down on you.

 

「日本人と日本語で話す方がまず間違いなく正しい注文を取れる」というこれまで経験から、店員さんはそのように自然と行動されているのですね。

なので、まるで自分が居ないように店員さんが同行の日本人にだけ話しかけてきたとしても、全く気にせず食事を楽しんでください。

The employee may have learned from experience that, “Well if I speak Japanese with the Japanese customer, there’s no way I will get the order wrong” and they are simply acting from that belief.

 

主人は公共の場で日本語で喋りたいばっかりなので、注文の時なんかには、私は敢えて黙っているのですが(笑)

勉強中は、少しでも日本語を話すチャンスを無駄にしないようにしたいですね!

My husband always wants to speak Japanese in public places, so I certainly try to be quiet when he’s placing our orders, but…. well…

In the end, I learned that when you’re studying Japanese, you don’t want to let a chance to speak the language slip by!

Restaurantカテゴリの最新記事